平成22年4月23日  

 

日本ラッド、国際財務報告基準(IFRS)適用支援サービスの提供を開始

 

日本ラッド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長:大塚隆一、以下「日本ラッド」)は、国際財務報告基準(以下 IFRS)への対応に向けた「IFRS適用支援サービス」の提供を開始致します。

 

日本では現在、会計基準をIFRSに近づけるコンバージェンス(収斂)が進められていますが、2012年に適用時期を判断、早ければ2015年にもIFRSのアドプション(強制適用)を実施する方向で議論が進められています。

 

2015年度にアドプションが開始された場合、その前年度である2014年度のIFRSベースでの財務諸表に加え、2014年度の期首(2013年度期末)の財政状態計算書が必要になりますが、IFRSの特徴である「原則主義」、「資産・負債アプローチ」は、従来の会計基準とは大きく異なるため、現状分析、社内会計基準制定や業務プロセス改変など、その対応は多岐に渡ります。

 

このような背景の下、日本ラッドでは、現時点において検討が必要となる財務・業務プロセスへの影響分析、ロードマップ立案、社内基準策定、および、ITシステム化構想策定を支援するサービスを提供します。

 

■IFRS適用診断サービス概要

 ◇クイック診断サービス

  ―IFRS対応による影響分析と対応ロードマップの作成―

   ・業務プロセスの明確化

   ・IFRS基準に対応した新プロセスの想定

   ・現行プロセスと新プロセス比較による、影響分析

   ・IFRS対応における課題の明確化

   ・IFRS対応に向けたロードマップの作成

 ◇コンサルティングサービス

  ○社内基準策定支援

  IFRS基準の解釈指針、および、影響分析の結果を踏まえ、グループ会社を含めた新しい社内会計基準の策定を支援します。

  ○情報システム化構想策定支援

  新基準、業務プロセス変更、および、グループ会社を含めた情報システム化構想の策定を支援します。

 

■料金・期間について

料金と期間について

 

■ 日本ラッド株式会社について

所在地:東京都新宿区四谷4-16-3 日本生命新宿御苑前ビル8F

代表取締役会長:大塚隆一

JASDAQ上場(コード番号 4736)

URL:http://www.nippon-rad.co.jp/

 

ソフトウェアの受託開発、システムインテグレーションを主業務とする1999年に公開したJASDAQ上場企業です。近年は自社データセンターを起点としたSaaS事業、業務分析等のコンサルティングサービスのご提供をはじめ、多次元ビジネス分析、地域交通インフラ、動画ネット配信等のソリューションに注力しています。

 

■ お問い合わせ先

日本ラッド株式会社 営業本部 IFRS担当 森藤(もりふじ)

TEL:03-5919-3005

E-MAIL:ifrs@nippon-rad.co.jp

 

このウィンドウを閉じる