Product Details

次世代の包括的な情報セキュリティソリューション

Adaptive Protection

アダプティブプロテクション

機密情報が不適切に外部に共有されるリスク・・・
通常の情報漏洩防止ソリューションでは、“通すか止めるか”の二択の機能のため、ビジネスが止まる場合がある・・・

アダプティブプロテクションなら5つのチャネル防御で「包括的なセキュリティ対策」
checkmark アダプティブプロテクションが「次世代セキュリティ」である理由
1. 情報の中身を把握し “適応した” コントロールを実行
  • 通信やファイルの中身を詳細にチェックするコンテンツ検査技術
  • お客様のニーズに合わせた秘匿化・暗号化・ブロックなど適切なコントロール
2. コラボレーションを妨げない確実なリスク管理
  • 重要情報だけを識別して除去する、自動情報マスキング
  • 禁止・制限だけに頼らず、業務効率を保ちながらセキュリティを確保
3. 全方位型のトータルセキュリティソリューションモデル
  • エンドポイントだけ、WEBだけではないトータルソリューション
  • オールインワン価格モデルによる費用対効果メリット
  • すべてのチャネルを一元的に管理することでTCOを削減

checkmark アダプティブプロテクションは5つのチャネル防御で構成
クラウド
  • 企業向けクラウドサービスの通信検査による機密情報漏洩を防御
  • クラウド型メールで不足する情報漏洩・誤送信防止

クラウド機能詳細

5つのチャネル防御
エンドポイント
  • ファイル内容の検査結果に基づく、リムーバブルメディアコピー制御(ブロックや暗号化)
  • PCやサーバー上のデータスキャンと修正アクション(削除、移動、暗号化、通知)

エンドポイント機能詳細

Web
  • WEB通信のファイルタイプや文言をチェックして情報漏洩を防止
  • アクセスサイト、アクセス時間、サイズの「レポート機能」
  • URLフィルタやアンチマルウェアによるWeb セキュリティ

Web機能詳細

文書
  • 大量の情報から機密情報を検出し、「*」文字へ置き換えるマスキング処理
  • ファイルの背後に含まれる「変更履歴」や「メタデータ」を自動除去

文書機能詳細

メール

「ファイル検査」「メール保留」「第三者承認」「暗号化」「アンチウィルス」「アンチスパム」などの豊富な機能によるメール防御

メール機能詳細


checkmark アダプティブプロテクションの5つのチャネル防御の機能詳細
1. クラウド
クラウド防御
2. エンドポイント
エンドポイント防御
3. Web
Web防御
4. 文書
文書防御
5. メール
メール防御

checkmark ユースケース
知的財産、企業秘密 等
情報資産の防護
プライバシー/法規制・コンプライアンス
ビジネスのゴール 競争力向上のためにセキュアなデータシェアを実現 データシェアを実現し、コスト削減効率性を追求
権限を持った
ユーザーの管理
設計や開発など付加価値を提供する社員の間のコラボレーションを促進する 社外から業務を行う社員(テレワーク)へセキュアなデータアクセスを提供し、効率的に活用する。
アウトソースの
セキュリティ
アウトソーシングサービス、パートナー契約社員 – バリューチェーンの拡大 アウトソーシングサービス、パートナー
メール利用 メールコンテンツや添付書類での知的財産の紛失、様々なタイプのメールを実現 法規制コンプライアンス、金融サービス向けの詐欺対策活動
モバイルデータ保護
(暗号化)
>デバイス、ノートPC間のデータの利用と移動を実現 (ノートPCやデバイスの紛失を防ぐ)
データ発見 知的財産や高い価値を持ったデータのネットワーク上でのエンドポイントにおける発見 GLB(グラム・リーチ・ブライリー法)、HIPAA法その他の監査とコンプライアンス
フォレンジック
(デジタル鑑識)
法的調査、監査上の要求

お問い合わせ

製品や導入方法、価格などにつきましては、お問い合わせフォームか下記の電話番号までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームcontact / 電話番号:03-5574-7808 プロダクトマーケティング事業部 営業部