Case Studies

当社の提供するインターネットEDIサービスを御導入頂いた企業による、
同サービス導入後の事業例をご紹介いたします。
インターネットEDIサービスの導入を御検討中の企業様は是非ご参考ください。
【インターネットEDIシステムBACREX導入事例】
ホームセンター、ディスカウント、スーパーなど複数業態による統一システムの構築事例
商号
本社

会社設立
店舗
売上高
取引先
URL
株式会社マキヤ
〒410-0031
静岡県富士市大渕2373番地
昭和28年8月13日
74店舗(2005年3月度)
676億1900万円(2005年3月度)
500社
http://www.makiya-group.co.jp
≪導入前の問題点≫
・グループ内でベンダー統合を進めたが、別システムで
 稼動している為、ベンダー統合効果が不十分
・10何年経ってもオンライン発注比率の目標が
 達成できない
・ASNデータをJCAで仕組んだが、対応出来ない
 ベンダーが多い
・従来のJCAでは、データ種別の追加に時間と
 コストが掛かる
・情報システム部門を組織統合したが
 コスト削減が進まない
≪導入後の効果≫
小売側の主な導入効果
・精度向上効果
 営業実績把握の精度向上
 仕入計上の精度向上により日々の粗利管理が可能
 スピード経営:月次伝票締めの短縮

・経費削減効果
 伝票事務処理作業の効率化により人件費を
 大幅削減
 運用委託費用の大幅削減

ベンダー側の主な導入効果
・精度向上効果
 受領データ提供により、差異確認がスピードアップ
 FAX配信していた取引先様に正確な情報伝達
 が可能

・経費削減効果投資が不要
 事務処理部門の作業削減によるコスト削減効果
 複写式伝票廃止による伝票コストの削減
 通信費の削減:インターネット回線で高速通信が
 可能
【導入のポイント】
・全国の小売業での豊富な導入実績
・取引先の負担軽減
 (少量取引先にはシステム投資をさせなくて良かった。)
・豊富な実績のある企業を選択し、スムーズなEDI化を実現
・ネットワークとトランザクション処理の運用を
 日本ラッドに委託し、
 自社の運用負荷軽減安定稼動の確保を両立
・サポートデスクサービスを利用し、365日24時間体制で
 ベンダーをサポート

インターネットEDIシステムBACREX導入事例
「本部・店舗間を含む多くのトランザクションをBACREXで処理し、柔軟性と高信頼性を低コストで実現」
商号
本社

会社設立
店舗
取引先
URL
株式会社ドラッグイレブン
〒816-0905
福岡県大野城市川久保1丁目2番1号
平成元年6月
180店舗
200社
http://www.drug11.co.jp
≪導入前の問題点≫
・登記上の法人構成をそのままシステムに
 持込んでしまい複雑
・パッケージを導入しているはずがカスタマイズの山と
 なっていて、保守、拡張コスト増加
・独自開発のPOS管理・集配信ソフトによる数々の
 制約が存在
・システム担当者が日々の運用に追われいた
・買掛・請求不一致、在庫評価・確定に多大な労力
≪導入後の効果≫
・基幹システムの入れ替えなしでも、
 本部-多店舗間のオンライントランザクション処理が
 大幅レベルアップ
・オンライン処理の信頼性とスケーラビリティを
 同時に得られた
・構築費は“ミドルウェア”導入に較べ格安
・基幹システムの機能を分散させる事で負担を軽減
・本部の基幹システムを介さずにデータの送受信を
 行い、送受信時間を短縮し自社と取引先の
 処理効率を向上
・EOS(発注)以降のEDI化により、
 従来手作業で行っていた仕入確定などの
 事務処理量を大幅に削減
・店舗本部間のEDI化を行う事で、
 本部での事務作業量、ミスを削減
【導入のポイント】
・データセンターを活用し、ネットワークインフラ整備とサーバ機器の
 運用管理負担を軽減
・取引先様とのデータ交換にインターネットを活用し、
 受発注関連ワークフローのほとんどを大きなコスト負担なしに
 EDI化を実現
・店舗処理についてもシステム化の範囲を拡大
・基幹システムが本来得意な処理分野に役割を集中させ、
 負荷を軽減
・データ量,事業規模の大幅拡大においても最小限の追加投資
 で対応可能