Product Details

UTM市場シェアNo.1ゲートウェイで企業ネットワークを守る
FortiGateシリーズTM

多様な脅威に対処するネットワークの門番

多様な脅威に対処するネットワークの門番 FortiGate

複数のセキュリティ機能を統合!コストを削減

FortiGateシリーズは、ファイアウォール、IPSec-VPN、SSL-VPN、アンチウィルス、IPS、アンチスパム、Webフィルタリング、P2Pソフトに代表される脅威となるアプリケーション制御など、複数のセキュリティ機能を1台の筐体に統合しています。
従来の複数製品によるポイントソリューションの課題であった、導入・管理コスト増大、管理工数の負担、耐障害性などの問題を解決し、「コスト削減」を実現します。

複数のセキュリティ機能を統合!コストを削減

 


他製品を凌駕するFortiGateの優位性

checkmark 独自開発の「FortiASIC」により高パフォーマンスを実現

FortiGateがエンタープライズやキャリアレベルのUTMサービスに必要な高パフォーマンスを発揮できる理由は、ハードウェアレベルのアクセラレーションを実現する独自開発による2つのASICの実装です。
ファイアウォール、VPN、IPSなどネットワークレベルの防御用アクセラレーションを担う「FortiASIC NP」とアンチウィルス、不正侵入検知/防御(IPS)や他のアプリケーションレベルセキュリティ用アクセラレーションを担う「FortiASIC CP」が、オペレーティングシステム「FortiOS」と一体となり、最大のパフォーマンスと高いセキュリティを実現します。

他製品を凌駕するFortiGateの優位性

checkmark アンチウィルス稼動でも全体性能を維持

FortiGateはマルチパスアーキテクチャを採用しているため、アンチウィルス機能を稼動しても全体性能が低下することはありません。

checkmark クライアントライセンスは無制限

FortiGateはユーザ数にかかわりなくアプライアンス単位のライセンス体系を採用しているため、イニシャルコスト、ランニングコストとも低く抑えることができます。

checkmark 複数の仮想UTMを実現するVDOM機能

FortiGateは1台のFortiGateを複数の仮想FortiGateとして利用できる「バーチャルドメイン(VDOM)」という仮想UTM機能が実装されています。これにより、共通の管理方法を保持したまま、部門や企業単位ごとに独立したポリシーの設定と運用、管理者の設置が可能になります。

複数の仮想UTMを実現するVDOM機能

 


製品ラインナップ

FortiGateシリーズは以下の通り、豊富なラインナップを取り揃えております。
※(  )内の数字はファイアウォールスループット

製品 価格
FortiGate-60C FortiGate-60C(1 Gbps) ~50万円
FortiGate-200B FortiGate-200B(5 Gbps) ~150万円
FortiGate-300C FortiGate-300C(8 Gbps) ~250万円
FortiGate-600C FortiGate-600C(16 Gbps) ~450万円
FortiGate-1240B FortiGate-1240B(40 Gbps) ~800万円

 


価格構成例

ユーザ50名、FW/VPNとAntiVirus、AntiSpamを使用、先出しセンドバック保守1年間

価格構成例1

 

ユーザ100名、FW/VPNとIPSとWebフィルタ使用、平日9時~17時オンサイト保守1年間

価格構成例2

 

※ FortiGateはバンドル版ライセンスというAV/IPS/AS/WF全機能が使える価格設定があります。目安として、2つ以上の機能を使用する場合、バンドル版のほうが価格は安くなります。
※ Basic保守とは、製品のワランティ、センドバック、TEL/FAXでのQ&A、OSのバージョンアップ権等の保守です。初年度分は機器価格に含まれています。
※ 上記価格は標準価格ベースの参考価格です。

 


お問い合わせ

製品や導入方法、価格等についてはお気軽に日本ラッド株式会社 BI事業部までお問い合わせください。

お問い合わせフォーム / 電話: 03-5574-7808