日本ラッド株式会社 2019年度 日本ラッド 新卒採用
Minoru.N

Jointed RAD in

2002

社会貢献できる人財を目指して、
一緒に頑張ろう!

Minoru.N

2002年度入社

電気通信大学 電気通信学研究科 電子情報学専攻 卒

プロダクトマーケティング事業部 BI部 部長

01
01.The reason why I chose RAD.

入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

中学校卒業後から工学系の分野に進み、電気工学を学びながら電子回路を組んだり金属を加工してロボットを作っていました。何台ものロボットの製作を通して、1台のロボットを作るのに必要な費用感が分かり始めた頃から、お金をかけないでもっと面白いことができないかなという思いがありました。その当時はコンピュータやプログラミングに詳しいわけではなかったのですが、もっと面白いことのためにソフトウェアを選んだのが、この業界に入る最初のきっかけでした。
大学生の頃は、人工知能の一種である知識ベースの研究をしながら、特にデータを賢く扱うためのソフトウェアに興味がありました。私が就職活動をしていた当時、日本ラッドではApplix TM1(現在のIBM Planning Analytics)を扱っており、こちらが私が日本ラッドを知ったきっかけであり、入社の決め手になりました。
02
02.All about my division.

主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

プロダクトマーケティング事業部 BI部では、BI:ビジネスインテリジェンスの分野の製品を取り扱っています。ビジネスインテリジェンスとは企業内に蓄積されたデータを、より効率よく分析するためのツールや基盤であり、それらから得られる知見は経営上の意思決定に役立てることができます。
BI部では、BI製品の販売のみではなく、ご提案からシステム構築、導入や運用の支援、製品保守などBI製品に関する一切合切を仕事にしています。世間で一般的に言われるプログラミングが主体のプログラマやシステムエンジニアとは少し異なり、お客様と接する機会も多く、製品特性を活かしたお客様へのソリューションのご提供が主な仕事です。
弊社の中でも女性が多い部署で、出産・育児休暇後に仕事に復帰されている社員も多くいます。淡々と仕事をする場面もありますが、展示会への出展など部員が一丸となって対応する仕事もあります。
03
03.My current job.

現在担当している仕事について教えてください。

部長の役割として当然ではありますが、部全体の仕事を管理するのが一番の仕事だと思っています。
そのために、各案件の進捗状況や部員からの相談・報告に対する改善策や対策を打ち合わせたり、案件獲得のための提案や体制作りなど、様々なことをしています。
04
04.My Most Memorable work experience.

思い出に残る仕事、研修について教えてください。

思い出に残る仕事はたくさんあるのですが、特にあげるならば、若輩のころにBI製品を使用して大手医療機器メーカー様の分析・レポーティングのシステムを構築した案件ですかね。お客様のシステムから出力されるデータを取り込みやすいように加工してから取り込んだり、効率よく開発するためのツールの作成や様々な切り口でレポートを出力できるように工夫するなど、そういった物事をお客様と打ち合わせしながら調整させて頂いたことなど、非常に良い経験をさせていただきました。
苦労が無かったといえば嘘になりますが、その経験は間違いなくその後の仕事に役立っていますし、自己満足ではなく、お客様からも高い評価をいただけたときは嬉しいですね。
05
05.What I want to try to…

これから挑戦したい仕事を教えてください。

近年、IoTやビッグデータや人工知能(AI)といったワードが注目されていますが、これらはデータをどのように蓄積して活用していくか、ということに他ならないと思っています。
では、AIがあるからBIはいらないとなるかといえば、全ての判断を本当に機械まかせにしてよいのかと心配になりはしないでしょうか。そのようなことからも、BI製品が特徴とするデータの見える化や意思決定時におけるシミュレーションなどは今後も企業にとって必要なことと思います。
昨今ではAIが組み込まれたBI製品もあり、ときに凄まじい速さで技術革新が起きる業界ですので、そういった新しい技術を学ぶことのよる自己研鑽は常に必要となりますが、新しい技術を加えつつも、私どもの強みを生かしたお客様への付加価値の向上が重要だと考えています。
06
06.Advice for student job seekers.

就職活動中の学生へアドバイスや心構えを教えてください。

これからの先の長い人生の中で、多くの時間を会社での仕事に使うわけですので、自身の成長ということを頭の片隅に入れておいてほしいと思います。どんな職業でも常に学び続けることは大事ですが、同じ時間を使うにしても、その先にどんな仕事をしたいのかやどうなりたいのかを意識すると経験値の溜まり方が違います。
好きこそ物の上手なれともいいますが、臆することなく自己アピールや仕事を通してやりたいことを話していただければと思います。
「成長」したことを測るのは、なかなか難しいことですが、例えば、貴方が今までより広い範囲の仕事を任されるようになれば、周囲から認められる実力がついたといえると思います。
社会や会社により貢献できる=より大きな仕事を引き受けられるような「人財」を目指して、頑張っていただきたいと思います。

1日の業務スケジュール

09:00 業務開始(メールチェック等)
09:30 事務処理
10:00 内部ミーティング
11:00 案件業務
12:00 お昼休み
13:00 案件業務(お客様先訪問、提案・打ち合わせなど)
19:00 退社

アフターファイブ

休日は自宅で音楽をかけながら本を読んでいることが多く、たまに、ゆるゆると映画を観たりします。以前に比べると、実用書を読むことが増えたのは少し面白くないところですが。
アフターファイブは仕事が落ち着いたタイミングで会社の人達と飲みに行くことがたまにあります。都合があえば、別の部署の人達と飲みにいくこともあります。