日本ラッド株式会社 2019年度 日本ラッド 新卒採用
Momoko.Y

Jointed RAD in

2015

ONとOFFをしっかり分けれて、
女性も働きやすい職場です。

Momoko.Y

2015年度入社

成蹊大学 理工学部 物質生命理工学科 卒

ビジネスソリューション部

01
01.The reason why I chose RAD.

入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

私が会社説明会に参加した日がたまたま台風で、参加者が私一人でした。そのおかげで採用担当者とたくさん話すことができました。
一般的な会社説明会ではなかなか体験できない社内見学では、実際に開発中のシステムのテスト機を触らせてもらいました。社内の雰囲気を間近で感じられ、「ここで働く自分」を想像できたのが、入社を決めた大きな理由です。
また、気になる福利厚生や将来の働き方に関する質問にも、表向きなことだけではなく、社内の実情や今後の取り組みについて詳しく聞けたことがとても印象的でした。
02
02.All about my division.

主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

私が所属するビジネスソリューション部は、主に基幹システムの開発・保守を行っています。
人数は他の部署に比べとても少ないですが、常にデスクで情報共有や質問等の会話が飛び交っています。たまには笑いもあり、雰囲気はとても明るくにぎやかです。
今年3月に1週間ハネムーン休暇を取得した時には、プロジェクトのとても忙しい時期と重なってしまいましたが、温かく送り出してくれました。メンバーのほとんどがONとOFFをしっかりと分けて働いており、とても良い環境です。
03
03.My current job.

現在担当している仕事について教えてください。

現在は人材派遣会社の社内基幹システムの開発プロジェクトを担当しています。
要件定義フェーズでは客先に常駐し、システムの仕様や課題の確認など、お客様と直接やりとりしながら設計していきます。お客様と作成した新しい業務の流れに沿って、使用するシステム各機能の基本設計書を作成し、開発します。
現在は開発が完了した機能のテストを行っています。その後、お客様へシステムを納品し、トレーニングを経てシステムが本稼働する予定です。また、システムを作って終わりではなく、システム稼働後のサポートも行います。
04
04.My Most Memorable work experience.

思い出に残る仕事、研修について教えてください。

新人研修が終わり、事業部に配属されてからすぐに、飲食チェーンの販売管理システム開発プロジェクトに参画しました。
初めての案件、初めての客先常駐で、とても不安を感じながらスタートしたのを今でも覚えています。当案件は、システムを開発するのではなく、システム開発を依頼するお客様側のサポートでした。
現行システムの問い合わせ窓口を担当しながら、お客様が抱える業務課題やシステムに対する改善要望のヒアリングし、使いやすさを考慮した画面デザインの提案など、お客様側からの視点でシステム開発プロジェクトに携わることができたのは、とても貴重な経験でした。
05
05.What I want to try to…

これから挑戦したい仕事を教えてください。

今までは要件定義や基本設計など上流工程に携わることが大半で保守では、既存システムのプログラムソースを見たり、操作方法や仕様の理解、データの調査をすることはあっても、ほとんどプログラミングをしたことがなくシステムの詳細な処理やインフラの話になると弱いなという自覚があります。
まだまだ浅く狭い知識を、今後は開発も経験して、深く広くしていきたいと思っています。
06
06.Advice for student job seekers.

就職活動中の学生へアドバイスや心構えを教えてください。

私自身、どんな職に就きたいのか、何をやりたいのか、最初は何も決まっていませんでした。何も準備をしないまま、周りに流されるように始めた就職活動も、もちろん撃沈し、やはり自分の意思を持っていないと通用しないと実感しました。
どんなに結果が良くなくても落ち込んで終わりではなく、次はこうしよう、次はこう答えよう、と前向きに捉えてみてください。就職活動をやっていく中で、どんな職に就きたいのかが少しずつ見えてくるはずです。就職活動で人生が決まるなんてことはありません。
自分のペースで就職活動を楽しんでください!

1日の業務スケジュール

08:45 出社
09:00 始業、メールチェック、システムテスト、問い合わせ対応
12:00 お昼休み(お弁当を持ってきたり、外へ食べに行ったりします。)
13:00 次期開発機能基本設計書作成
17:00 客先にて会議
19:00 終業

アフターファイブ

アフターファイブは、友人と飲みに行ったり、夕飯のメニューを考えながらまっすぐ帰ったり、少し寄り道をして買い物をしたりしています。最近は先輩方と飲みに行く機会が増え、様々な事業部の方と交流を深めています。
休日は、買い物やドライブに出かけたり、一日中寝ていたり、家事をしたり、とにかく仕事のことを忘れて頭も身体もリフレッシュするようにしています。
また、入社してすぐ社外常駐となり社内の交流機会が少なかったため、RADサッカー部のフットサル大会やBBQ等の社内イベントには積極的に参加しています。