日本ラッド株式会社 2019年度 日本ラッド 新卒採用
Yuki.C

Jointed RAD in

2017

お客様に信頼される
システム設計者を目指しています。

Yuki.C

2017年度入社

中央大学 理工学部 経営システム工学科 卒

第1ソリューション事業部 開発部

01
01.The reason why I chose RAD.

入社した理由、きっかけ、決め手を教えてください。

どの選考段階を振り返っても、会話がとても楽しかったことが印象に残っています。
会社の説明がすごく丁寧で、私の話に興味を持って親身に聞いてくださいました。
私の趣味で作ったケーキの写真や、特技のカードマジックも披露させて下さったのは日本ラッドだけでした。最終選考の際には、社長、採用企画室のお二人の前でカードマジックを行いました。選考の雰囲気と実際に働く環境とでギャップがないか不安に思ったこともありますが、実際に働いてみると、自由で会社の風通しもよく、上司には相談もしやすく、楽しく働くことができています。
02
02.All about my division.

主な仕事内容や雰囲気、先輩社員について教えてください。

私が所属している第1ソリューション事業部では、システムの設計・開発・テストなど、プログラミングに限らず様々なことをします。初めのうちは、開発がメインになると思います。私は学生時代におけるプログラミングの経験はさほどありませんでしたが、この事業部では配属後も研修を行う為、自信をもって働くことができました。専属の先輩が面倒を見て下さることもあり、気軽に悩みを相談できる環境が整っているのが魅力の一つです。上司や、先輩との交流の場も多く、職場におけるコミュニケーションのとりやすさにもつながっていると思います。
03
03.My current job.

現在担当している仕事について教えてください。

金融情報サービス会社向けのシステム改修を行っています。
Linux( CentOS6.5 )環境で、C++という言語を用いて、業務プログラムの機能拡張をしています。
常時稼働しているプログラムであるため、バグが発生し停止することのないよう、品質に細心の注意を払って開発を行っています。
画面系のプログラムとは違い、ウィンドウが表示されることがありません。黒い画面(コマンドライン)に出力された文字列(デバッグプリント)を追ってプログラムがどのように動作したかどうかを確認しています。
大変ですが、自分のプログラミング能力が向上していくことに楽しみや充実感を得ることができています。
04
04.My Most Memorable work experience.

思い出に残る仕事、研修について教えてください。

証券会社向けのシステム改修案件に携わった際に、一画面の作成担当をしたことが印象に残っています。
はじめは、研修を終えたばかりの自分の手で、本当にこの画面を作成することができるのだろうかと少しばかり不安でした。
当時同じ案件には同期がもう一人参画されていたので、二人で試行錯誤し、助け合いながら作業を行いました。わからないことがあれば、上司に気軽に相談することもできました。
この時、働きやすさを肌で感じました。一つ一つ機能を実装していく中で、達成感や喜びを同期と分かち合いながら完成にこぎつけた時の感動は決して忘れないと思います。
05
05.What I want to try to…

これから挑戦したい仕事について教えてください。

お客様からヒアリングを行い、要件定義をし、システムの設計を行うことに挑戦してみたいと思っています。
これらの工程は、システム開発を行う上で、最も重要で、責任があるものだと思います。お客様の要望と開発側の認識にギャップがあったり、設計に誤りがあれば、開発したシステムそのものの見直しを行わなければなりません。
これらはコストもかかれば、時間も浪費してしまいます。お客様から「この人にヒアリングをしてもらい、設計を担当してもらえば間違いない」と言ってもらえるような、信頼ある設計者になることが私の目標の一つです。
06
06.Advice for student job seekers.

就職活動中の学生へアドバイスや心構えを教えてください。

就職活動中は数々の成功、失敗があると思います。しかし、何処の会社に入社しても、それ以上の経験をすることになります。
人間ですから失敗することはありますが、そのときは一度立ち止まってきちんと振り返るようにしてください。
このとき、自分の悪いところばかりを気にしがちですが、よくできたところもきちんと見つけて自分をほめてあげてください。
良かったところ、悪かったところの双方を分析し、次につなげることができれば、きっといい結果が得られると思います。周りを気にして焦ってしまうこともあるかもしれませんが、振り返ることを大切にしてほしいと思います。

1日の業務スケジュール

08:50 出社
09:00 始業(メールチェック、タスク確認)
09:30 プロジェクトMTG
10:00 開発業務
12:00 お昼休み
13:00 開発業務
16:00 プロジェクトMTG(進捗報告)
17:00 報告書作成
17:30 退社

アフターファイブ

①お菓子作り、お菓子作りのためのレシピ勉強
お菓子作りは、小学生の時にクッキーを作ったことがきっかけで始まりました。最近ではフォンダンショコラ、モンブラン、チーズケーキなどを作りました。
人に元気を与えられるようなお菓子をつくることが私の目標です。同期の誕生日やイベントシーズンには会社に作って持ってきています。

②音楽・洋画・洋ドラ鑑賞、読書 洋画・洋ドラ鑑賞、読書を通じて、私の仕事における考え方やロールモデル、生き方を見つけています。
最近読んだ本は「もしアドラーが上司だったら」です。面白いと思うので、ぜひ読んでみてください。