企業・経営理念

Corporate Philosophy


顧客企業のホームドクターであれ


諸外国でのいわゆるホームドクターとは、「人の一生」つまり生まれてから成長していく過程でずっとそばにいて見守ってくれるかかりつけ医のことです。
日本ラッドでは、顧客である企業のホームドクターとして、顧客が成長して大きくなっていく過程においてぶつかる様々な課題のひとつひとつを、一緒に解決していく頼りになる存在であり続けたいと考えています。
そのために一つの技術のみに依存するのではなく、常に様々な最新技術を取り入れながらわたしたち自身も成長を続けて行く必要があるのです。

類を見ないユニークさ/事業の多様性


RADの主たる顧客層は「B2Bビジネス」を営む企業となり、そのすべてが法人顧客、中でも大企業が多く、また病院などの医療施設や警察、消防署などの公共機関も多数。
同業他社からは「中堅システムインテグレータ」と認識されることが多い当社ですが、ハードウェア開発・先端技術取り込みを含む事業の多様性という点では他に例がないくらいユニークな会社でもあります。
現在8つの事業部がそれぞれ連携しつつも異なる事業領域にチャンレンジしており一くくりにする事が難しい所もありますが、新しいビジネスモデルを常に生み出すべく、実に様々な領域に新規展開していく所は「リスク分散」でもあり、様々な領域を組み合わせた「様々な課題解決が一社でできる」(いわゆるワンストップサービス)ということがRADの最大の特徴であり強みです。