Nippon RAD Inc.
オープンソースの分散処理システムで、ビッグデータに均一のバッチ処理

Hadoop

Hadoopは、オープンソースの分散処理システムで、膨大なデータに均一のバッチ処理をするのに向いています。
多数(通常は数百台以上)の「データノード」と呼ばれる小さなサーバに分析対象のデータを配付し(この処理を“Map”と呼びます)、データノードで処理されたデータを回収後に統合(この処理を“Reduce”と呼びます)して、一つの計算結果にまとめるという流れです。

Hadoopは以下のようなビッグデータ処理システムに最適です。

  • 毎日何千件と届くメールを分析し、お問い合わせ内容の傾向分析に…

  • Twitterなどのソーシャル・ネットワークに流れる大量のデータを分析し、トレンドの分析に…

  • ウェブサイトのアクセスログを分析し、アクセス傾向分析に…

  • 膨大な書類を分析し、検索のためのキーワードリスト作成と検索インデックスの作成に

当社では、Hadoop以外にも、オープンソース系のKVS(Key-Value-Store)などの非ストラクチャードデータベース、インメモリデータベースについても取り扱っておりますので、お問い合わせください。

Hadoopによる分散処理のイメージ

膨大なデータをMap処理し、回収後Reduceして一つにまとめる分散処理 BOARDのサイトへ

分析結果のプレゼンテーション
は“BOARD”で!

HadoopはApacheプロジェクトによるオープンソース・ソフトウェアです。詳細はApache Hadoopのサイトをご覧ください。
本ページはHadoopを活用した構築事例としてご紹介しております。